私はエイズ

| コメント(2)

ある男性が仕事でニューヨークへ行くことになった。
そのことを知った彼の同僚は、ニューヨークはホモが多いから気をつけろと冗談半分に言って彼をからかう。
それを聞いて怖くなった彼は、向こうでホモに迫られたらどうしたら良いのかとその同僚に尋ねた。
「簡単なことだよ」
同僚は言った。
「『I am AIDS(私はエイズです)』と言えばいいのさ」

これを聞いて安心した彼はニューヨークへと旅立っていった。
ところが、同僚の冗談は現実のものとなってしまう。
彼が用を足そうと公衆便所の中に入ったところ、後から入ってきた屈強な黒人男性が彼の後ろにピタリと立ち、彼のことを抱きすくめてきたのだ。
彼はとっさにあの時の同僚の言葉を思い出してこう叫んだ。
「I am AIDS!」
しかし、黒人はその言葉に動揺することもなく、彼を抱きすくめたままこう答えた。
「Me too(ぼくもだよ)」

コメント(2)

最近話題になったマレーシア機失踪事件には
エイズ関係を調べる有力な研究者方が
複数乗られていたと言われているが、
失踪の結果が墜落なら生きているとは考えにくい。
ウクライナの戦闘機が何故かマレーシア機の後を
追うように飛行していたのに誰も気づかなかった
点も不自然ではある。
話を戻すとエイズについて決定的な何かを知り
何らかの理由でマレーシア機にのることを知った
誰かがエイズの真相を闇に葬るつもりだったのやら…
憶測だけど嘘で片付くものなのやら

地味に怖い

コメントする