味の素の原料

| コメント(1)

「味の素」をはじめとする「うま味調味料」は、昆布などの旨味の素であるグルタミン酸をある原料から人工的に抽出したものである。
ところが、その原料に何が使われているかを知る者は少ない。
なぜなら、もし原料が何かを消費者に知られてしまったら、味の素などのうま味調味料は全く売れなくなってしまうと思われるからだ。

ある日のこと、横浜港にインドから来たタンカーが入航した。
入国管理局の職員がタンカーに積まれたコンテナを調べると、なんとそこに入っていたのは大量のインド人女性の髪の毛。
驚いた係員が積荷の受け取り先を調べてみると、それは味の素社であったという・・・

コメント(1)

そんなワケあるかい?!ι(`ロ´)ノ
これはまったくと言っていいガセネタですね!
旨みの元になっている成分は
たしかに「グルタミン酸」ですが
髪からはたんぱく質等が放出されるぐらいで
グルタミン酸はまったく出ません。
また「旨み」という単語は広辞苑等にも「旨み」
として掲載されており
グルタミン酸= 「旨み」はワールドワイドで表記され
ていて世界的に共通する単語です。
しかも「味の素」の主原料は「サトウキビ」です。

コメントする