猫レンジ事件

| コメント(8)

アメリカのとある町におばあさんと猫が住んでいた。
おばあちゃんのうちには息子からプレゼントされた電子レンジがあった。

ある日、猫が雨に濡れているのを見たおばあさんは、猫を電子レンジに入れて乾かそうとした。

「チンッ!」

ご存知のとおり、電子レンジは温める機械ではなく、簡単に言えば水を熱する機械だ。
猫は血が沸騰して死んでしまった。

おばあさんは、悲しみに明け暮れたのも束の間、電子レンジに猫が殺されたと言い始めた。

「取り扱い説明書にペットを乾かすのに使用できませんと書いてなかった」と言って裁判を起こしたのだ。
アメリカは些細なことで裁判を起こす訴訟社会とは言うものの、これはあまりにも無謀だと言えよう。

誰もがそう思ったに違いない。

しかし、下った判決は「製造者責任法(PL法)を果たしていない」として、巨額の賠償金を支払うことを命じたのだ。

それ以来、電子レンジの取扱説明書には「ペットを入れて使用しないでください」と書かれるようになった。

真相
この話(または付随した噂)は昔から言われてきており、都市伝説と言われながら事実だという説も多かった。 しかし、実際にアメリカでこのような訴訟はないそうだ。リアリティがあったのはアメリカが訴訟大国であることは紛れもない事実で、マクドナルド食べすぎで太った、などというどうしようもない訴訟が繰り広げられているので、さもありなんと思ったのかもしれない。

ただし、電子レンジ以前にも、オーブンに猫を入れて・・・という都市伝説もあったようだ。それが時代の移り変わりで電子レンジになったのではないだろうか。
この都市伝説の派生版では、犬、鳥、猫、人などといろんな生き物が電子レンジの中に入れられている。

しかしながらこの話は、PL法を考える上で、非常に重要な話で、それが本当であれウソであれ引き合いに出されることは多い。PL法によると、「ユーザーが誤ってやってしまいそうなこと」に関してすべて書き記さないといけない。
・踏み台にしてはいけない
・上から落としてはいけない
一見当たり前のように思えても、想定できる予防線を張っておかないと、法的に負けてしまうのだ。だから、レンジ猫も本当に訴訟がされていたら負けている可能性は大いにありえたのだ。


最後に、「猫を電子レンジに入れるとどうなるか」の実験動画があったのでお見せしよう。

(ジョーク映像なので安心してみてください)

コメント(8)

3DSでサイトを見ているので画像がみれませんでした

ゲル猫
まゆしぃじゃないだけマシだよっ!!

ゲル猫
まゆしぃじゃないだけマシだよっ!!

見られへんやんww

みれないw

見ようとしたら、削除されて見れませんでした

レンジに入れて#120やったらゲル状になりますかね

http://www.youtube.com/watch?v=Ry64XFQngNo

猫じゃなく子犬らしいけど

公の場で新聞で読んだとはっきり発言してるので本当なのでは?

コメントする