ゴーカート

| コメント(0)

ある髪の長い女性が遊園地でゴーカートに乗っていた。
彼女はかなりのの美人。
乗り場の行列に加わり順番待ちをしている男たちは、一緒に並ぶ自分の彼女のことなどすっかり忘れ、髪をなびかせて走る彼女の姿に見とれていた。
ところが、その時である。
ゴーカート乗り場に突如として大勢の人たちの悲鳴が響き渡った。
風になびく彼女の長い髪が、ゴーカートの後輪に絡みついてしまったのだ。
回転する後輪に髪を引き込まれた彼女は髪ごと顔の皮膚を全て引き剥がされ、即死してしまった。

2002年11月に、長いマフラーをした女性がそのままゴーカートに乗り込み、マフラーがエンジンに巻き込まれて首を絞められ死亡するというこの伝説を想起させるような事故が起きました。
もちろん、この伝説は事故以前から存在していますので直接の関わりはないのですが、掲示板に寄せられた情報によると、過去にも類似した事故は起きているようなので、あるいはこの伝説はそういったタイプの事故が誇張されることによって生まれたものなのかもしれません。

1994年にインドで9歳の女の子が、三つ編みを脱穀機に巻き込まれ、髪の毛と顔の皮が一緒に剥ぎ取られるという事故が実際に起きているそうです。

コメントする