ヘルメット

| コメント(0)

ある日の夜中、とある峠の道に猛スピードで暗闇の中を疾走する数台のバイクの姿があった。
いわゆる走り屋の若者たちだ。
そのうちに1台のバイクがハンドルを切り損ねて横転、乗っていた若者はバイクから放り出されて木に頭から突っ込んでいった。
若者はかなり強く頭をぶつけたようだったが、心配した仲間達が駆けつけるとフラフラした足取りながらも立ち上り手を振って答える。
どうやら無事らしい。
ところが、ホッとした仲間の前で彼がヘルメットを外すと途端にその頭部がグニャリとゆがんで変形し、彼はその場に崩れるように倒れこんでしまった。
すぐに救急車が呼ばれたが手遅れで、その若者はもう息を引き取っていた。
実は木に頭をぶつけた時、彼の頭蓋骨は粉々に砕けてしまったのだが、ヘルメットのおかげでなんとか頭部の形状が保たれていた。
そのヘルメットを外してしまったため、支えを失った彼の頭部は崩壊し彼の命を奪ってしまったのだ。

コメントする